Archives

You are currently viewing archive for April 2008
私は現在かなりの数のサーバーを使える状況にあります。
会社で契約していたり、所属している団体でサイト管理を手伝っていたりするためもあるのですが、個人的に更に安くて、快適環境はないかといつも気にしていて、少しでも興味がわくと自分で使ってみないと納得できない性分なのでしょう。

国内の有名どころの有料サーバーだけでも、下記のサーバーを使っています
過去にはロリポップや、ヘテムルなども経験していますし、友人のカゴヤなどのサーバーをお借りしてテストするときもあります。
また、最近特に圧倒的に安くて使い切れないほどの大容量になってきた海外のサーバーもいくつか契約していますし、広告無しで独自ドメインを利用できる無料サーバー(これが最も興味があります)も複数使っています。
これらの経験からCMSに向いたサーバーをいくつか紹介していきたいと思います。

もちろん、各CMSの特性により差があるのは当然ですので、詳細にはCMSごとのページに譲りますが、AMP環境およびCGIが使えるものを比較してみます。

人気のサーバー

一般的にネット上で人気のあるサーバーは下記3社でしょう。
それぞれ性格は異なりますが、多くのユーザーに支持されるだけあって、使いやすいサーバーです。
ロリポップ さくらインターネット XREA+

サーバー初心者向け

ロリポップが初心者に圧倒的に支持されているのは、初心者でも解りやすく、豊富なヘルプ・解説マニュアルがあるのと、ユーザー数が多くそれらユーザーの口コミによるものでしょう。
確かにとても解りやすいので、はじめてサーバーを使うにはいいかもしれません。
ただ、スペック・料金的にはコストパフォーマンスが高いとは思えないので、サーバー経験者は他を選ぶべきでしょう。

中級者

個人的にはハッスルサーバーをオススメします。
容量・スペック・価格・快適さのバランスがとれていて、お買い得だと思います。
特に32個まで利用できるマルチドメインはとてもありがたいもので、1つしか使えないロリポップユーザーがステップアップするにはとてもいいと思います。
ただし、MySQLデータベースは1つだけとなっていますので、複数のCMSをインストールして記事数も多い場合には若干管理が面倒になってきますので、複数のデータベースを利用出来る上級者向けのサーバーがいいかもしれません。

ロリポップユーザーがステップアップする場合は、同社系列のチカッパも選択肢に入るでしょうが、私は容量が許すならハッスルをオススメします。
XREAは月額200円でとてもスペックが高いのですが、解説が乏しく、慣れないと戸惑うと思います。また、無料サーバーの有料版という位置づけなので、無料ユーザーと同居するリスクもありますし、快適さに若干の不満を持つ方もいるようです。XREAは、とにかくコストをかけずにいろんな事にチャレンジしたい方にオススメします。
さくらスタンダードは月額500円と若干高くなるので、お財布に余裕があればスピードも安定していていいと思います。

なお、予算が許すなら、月額1,000円クラスの下記サーバーにすると本当に快適になります。

上級者・企業向け

もちろん、上はキリがありませんが、月額1,000円程度までで考えると、エックスサーバーがとても快適です。ただし、CGIやチャットなどサーバーへの高負荷にはうるさいサーバーなので、ゲーマーやチャット利用には向いていないでしょう。

ヘテムルもとても快適なサーバーなのですが、スペックとコストのバランスを考えると若干高いかなと感じます。ただ、WEB制作会社なども多く利用しているので、信頼性は高いものと思います。

さくらプレミアムもとても快適なのですが、月額1,500円とXサーバーに比べると若干高額になります。
XREAの上位プランである、コアサーバーは月額416円でやはり非常にスペックの高い環境を得られるのですが、まだ2007年夏以降に運用開始とまだ実績が十分とは言えない状況です。XREA同様、いろんな事を試したい方は是非検討してみてください。因みに当サイトはCORESERVERを利用しています。
CMSのインストールは簡単なものから、結構神経を使うものまで多種多様です。
私自身のテスト環境はマルチドメインのサーバーをいくつか契約している(独自ドメイン・サーバージャンキーと自認している)ので、様々な環境でテストをしていますが、一番簡単にインストールできるのはWordPressで、次にNucleusCMSでしょう。

最近テスト用に更にコアサーバーも契約してしまいました。
これでテスト用に使えるサーバーとしては、「さくらインターネットプレミアム」(最終的にここで使う)、「ハッスルサーバー」、「XREA」、「Xサーバー」、「コアサーバー」、で、そのほかいくつかの海外サーバーも使っていますし、最近多くなった広告無しで、独自ドメイン利用可能な無料サーバーも複数使わせて頂いています。

» 続きを読む

テスト済みのCMS

私が、今まで使ってみたCMS・ブログツールは下記の通りです。

今後テスト予定・興味があるCMS

  • Zope
  • Xaraya Japan
  • plone.jp
  • Slashcode

現段階での感想

現状、通常のサイト・ブログを作るだけの場合、NucleusCMSが一番快適で、当サイトも含め多用しているのですが、今回のCMS比較の目的である、htmlの知識に乏しい人も含めた複数人でのWEBサイト管理、企業サイトであるためのメニュー・デザインなどの多様性を含め検討していくと、やはりNucleusCMSより他のものもすばらしいと思う機能が沢山あります。
特にMODxは今までDreamweaverを多用してきた私にはとても好印象です。
また、Drupalも操作系はMODxほど解りやすいものにはなっていませんが、高機能な上、サイトと管理画面がデザイン的に共通化されていて、初心者でも親しみやすい気がします。

ただ、まだ一つに絞り切れていないのは、まだまだそれぞれのCMSを使いこなしていないのと、htmlの知識に乏しいスタッフの意見を把握し切れていないからです。

比較検討要素

現在私が考えている比較要素は下記の通りです。
  • 操作の解りやすさ
  • カスタマイズ性
  • 複数管理者での多様な機能(特に管理権限の詳細な設定)
  • バックアップ機能の使いやすさ(出来れば自動で)
  • htmlの知識が無くても解りやすい
  • 操作の軽さ
  • 日本語での情報量
  • セキュリティ
  • プラグインなどの付加機能の豊富さ
  • SEO効果の高いもの

理想を言えば、管理画面がイントラネットのグループウェア的に使えると更にいいのですが、そこまで一緒に求めるのは欲張りすぎでしょうね。
GoogleAppsがもっと進化してくれるといいのだけれど。(もちろん無料で)
Category: CMSの概要

初心者でも簡単

通常はじめてWEBサイトを作るには、インターネットを使える環境にいれば無料ブログを使えば、5分もあれば作り始めることが出来ます。
もう少し意欲・目的意識のある方は、Yahoo!ジオシティーズなど無料のホームページスペースを借りて、ホームページを作る言語であるhtmlを1から勉強しながら作るのもスキルが身に付きいいかもしれません。

CMSはサーバーの設定という手間は増えますが、それさえクリアすれば、上記のような無料サービス以上の性能のシステムを「無料で」使えるのです。

大企業でもCMSは重宝する

大企業のWEBページを見てみましょう。
例えば、パナソニック・ソニー・トヨタ・キヤノンなどメーカーサイトですが、これらの更新頻度は凄いものがあります。
企業サイトの重要なところのひとつは、更新力です。
ただ、更新を外注したのでは、タイムロスと、費用が発生します。
上記の大企業はもちろん社内の専門家が居るでしょうし、更に高度な部分は外注しているでしょう。それだけの収益力がありますから。
ただ、これらのサイトでもCMSでかなり簡素化できるのは確かです。
例えば、メーカーの新製品情報をWEBサイト担当者が作っているでしょうか?
内容はもちろん開発系の技術者が作っているのは解りますね。WEBサイト担当者は彼ら開発部門から送られた内容をサイトにアップしているのでしょう。

CMSを使うと、サイトのフォーマットなどを作ってあれば、開発部門の担当者がそのまま簡単にアップ出来るのです。
これは何も新製品情報に関する部分だけではありません。
広報部門、企業情報・財務情報、採用情報、災害時の緊急対応など即時性を求められる場合にも使えます。
担当部門で内容を精査すれば、WEBサイト管理担当が帰宅した夜でも簡単に更新できるのです。

WEBになれていない社員がサイトを壊してしまう危険を心配されるかもしれません。
これも無いとは言えませんが、バックアップを取ることも出来ますし、復旧は可能でしょう。
また、CMSでは各ユーザーが操作できる範囲を限定することも可能なので、被害が出るのは自部門に限られるはずです。


逆にWEB担当者だけで更新していく場合にも使えます。

例えば、スペースシャトルを打ち上げてるNASAのウェブサイトも無料のCMSを使っていますし、高機能なインターネット閲覧ソフト(ブラウザ)のFirefoxのサイトなども使っています。

無料サービスの広告塔になってはいけない

無料ブログ・無料WEBスペースに代表される無料サービスを使うと、知らず知らずのうちにそれら無料サービスの広告をしている上、彼らの広告などの売り上げに協力までしているのです。

では、広告のないものを簡単に作るのは、費用がかかって、面倒なものなのでしょうか。?

答えは「無料で、簡単に作れるのです」
ただし、やはり有料のものに比べるとスピード・安定度など劣る部分があるので、可能であれば、有料サーバーを契約しましょう。安いところは月額200~300円で充分ですし、月額1,000円前後を出せれば、かなりの快適環境になります。

無料でも出来るが、出来れば年間1,000円だけは出して欲しい

但し、CMSは独自ドメインで利用することをオススメします。
独自ドメインとはWEBサイトのアドレスを自分専用のものを取得する事をいい、メールアドレスも自分専用になります。
独自ドメインのメリットは沢山あるので、別途説明しますが、長く続けたい方、企業等商用のかた、WEBサイトでアフィリエイトなど小遣いが欲しい方は是非オススメします。

通常無料のサービスはそのホームページのアドレス(URL)を見れば、どのサービスを使っているか一目瞭然なので、やはり、彼らの広告になっています。

独自ドメインを取得するのにかかる費用は年間で1,000円弱、キャンペーンなど賢く利用すれば、400円/年というのも可能です。
また、無料で独自ドメイン取得する方法もあるのですが、これはいろいろな理由でオススメ出来るものは見つかっていません。その理由も別途説明します。

ソフトの管理が楽

複数の人間で運用していくと、今までは一人一人のPC(クライアントマシン)にそれぞれソフトをインストールしていくこととなり、そのライセンス料の高額なことと、アップデートの煩雑さがネックとなっていました。
ところが、サーバーインストール型のCMSであれば、サーバーにさえ設定が出来れば、各自ブラウザから管理出来るので、ホームページビルダーやDreamweaverなどを使うときのように1台1台設定していく必要がないのです。
バージョンアップの時もサーバーだけアップデートしてやれば済むので、非常に簡単に共通の管理環境を手に入れられるのです。
Category: General
当サイトはNucleusCMSを利用しています。

NucleusCMSはブログシステムととらえていますが、CMS機能も充分備わったすばらしいシステムで、MovableTypeWordPressに比べるとマイナーな存在ですが、世界的には日本人ユーザーがNucleusCMS開発に深く携わり、情報量もかなりあるものです。



サーバーは私個人が契約しているコアサーバーを利用しています。

(私がCMSで構築したいプロジェクトのサイトはさくらインターネットを利用していますが)



当サイトはリンクフリーです。

当サイトで掲載している画像等を無断で他へ掲載・利用することはご遠慮ください。

当サイトの内容の著作権は当サイト管理者にあるものを理解頂き、一部引用する場合は引用元の紹介及びテキストでのリンクをお願い致します。

Category: General
当サイトはCMSに関する情報を掲載していきます。

私自身、企業サイトのあるプロジェクトに関する部分の管理者をしているのですが、更新等を担当者に任せたいと思っています。ところが、Dreamweaverで構築したサイトなので、htmlやCSSの知識のない担当者に任せることがしにくい状況で、彼らでも気軽に更新できるようCMSを模索している最中です。

企業なので、商用パッケージを購入することも可能なのですが、オープンソースで気軽にカスタマイズ出来るものの方が、将来性もあるものと考え、AMP環境で無償で商用利用できるCMSを中心に比較検討していきたいと思っています。

中小企業や、個人事業主などの堅めのサイトからEコマースなど物販系、情報サイト、SNS、フォーラムや個人サイトまで応用できますので、それらの方の参考になればと思います。